So-net無料ブログ作成
Z900RSと300km以上 ブログトップ
前の20件 | -

小野村シダレグリ自生地 [Z900RSと300km以上]

9月下旬、長野に行った際に立ち寄った場所。
国指定天然記念物。

DSC07298.jpg
DSC07263.jpg
駐車場に到着。
早速、シダレグリ自生地へ。

DSC07267.jpg
とるのは写真のみ。
残すのは足跡(と記事)のみ。

DSC07268.jpg
ここ数年、遭遇率の高くなった熊。
イラストからすると羆か?

DSC07272.jpg
シダレグリ自生地へ。

DSC07273.jpg
昭和三十三年製の記念碑。

DSC07275.jpg
小野村シダレグリ自生地:
シダレグリは、普通のクリが突然変異によって
シダレ性をあらわしためづらしいもので、
日本特産の変種です。

枝ぶりや木ぶりの奇観は落葉後の冬に最もよく
見ることができます。

DSC07278.jpg
こんな感じの風景が冬に広がるのかも。

DSC07280.jpg DSC07291.jpg

見事なタレ具合。
垂れている姿も良いもんだー。

DSC07294.jpg DSC07296.jpg

クリの季節なので栗の実。
クリの実は垂れていなかった・・・・

DSC07297.jpg
これはリスに食べられたのかな?

DSC07301.jpg
マロンケーキやモンブランの美味しい季節に
なったな。と思いつつ見学完了。
nice!(24)  コメント(3) 
共通テーマ:バイク

三義民刑場跡 [Z900RSと300km以上]

館山市指定史跡。

DSC07553.jpg
DSC07552.jpg
バイクならではの場所に駐車。

DSC07561.jpg
三義民殉難之跡。

DSC07560.jpg
このイチョウは当時の処刑の様子を
見ていた生き証人だったり。

DSC07556.jpg
万石騒動 安房三義民の記:
江戸時代中期、華やかな元禄文化の裏側で大名達は
多額の借金に苦しんでいました。安房国北条藩主
屋代忠位もその例外では無かった。

財政再建の為に召した川井藤左衛門は、元禄大地震で
隆起した北条海岸に新田を開き、滝川に堰を設けて
開削するなど米の増産に励む一方、大切に守られて
きた鶴ケ谷の保存林を伐採して売り払う等、なりふり
構わぬ増収策を図った。

しかし、それらは農民を無謀にも使役するものであり
さらにその農民に六千俵の増米(増税)を命じた。

P2020058.jpg
北条海岸って、昔田んぼだったんだ・・・・

領内27ヵ所を代表する名主達は陣屋・江戸藩屋敷への
門訴、さらに老中まで駕籠訴敢行となった。
しかしその間に、川井藤左衛門に捕らえられ名主3名は
処刑されてしまった(その刑場跡)。

DSC07558.jpg
27人の名主達の連判状。

DSC07559.jpg
門訴、駕籠訴の様子。

その後、駕籠訴は続き、とうとう老中 阿部豊後守
はこの訴をお取り上げとなる。

【結果】 農民の勝ち
・川井藤左衛門父子は死罪。
・藩主 屋代忠位は領地没収。

DSC07563.jpg
江戸時代のアベさんは、農民の為に訴えを取り上げ
今のアベさんは庶民に対し、川井藤左衛門の様な
屍に鞭打つ重税を・・・

江戸時代のアベさん降臨しないかな?と思いつつ
見学完了。
nice!(27)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

主基斎田跡 [Z900RSと300km以上]

鴨川市にある史跡。

DSC07532.jpg
DSC07529.jpg
(バイクなら)停められそうな場所へ。

DSC07531.jpg
主基斎田跡に到着。

DSC07538.jpg
明治天皇大嘗祭御斎田主基之地。

DSC07546.jpg
主基斎田の址:
明治四年、明治天皇御即位大嘗祭にあたり
主基殿に奉献される新穀の斎田の地として
選ばれた場所。

八神殿、稲実殿、幕社、御備所がたてられ
花房藩の役人が番屋で警備していたほどで
あったと言う。

大嘗祭で献上されるお米を作った地。

DSC07541.jpg DSC07545.jpg

奉献された長狭米の碑。

DSC07542.jpg
長狭米(=コシヒカリ)は魚沼産コシヒカリと
並ぶ(天皇に献上されたのでそれ以上)、
日本でも1,2位を争うブランド米。

DSC07550.jpg
即位礼正殿の儀だけでなく、大嘗祭も
休みにすればいいのに。と思いつつ
見学完了。
nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

信濃川島駅 [Z900RSと300km以上]

中央本線の駅。

DSC07368.jpg
DSC07363.jpg
ロータリーは自然に還っていた・・・

DSC07367.jpg
駅舎へ。

DSC07374.jpg
中央本線だけあって本数はそこそこあったり。

DSC07372.jpg
初乗り運賃は190円。
北総線より安い!

DSC07378.jpg
駅舎を出てホームへ。

DSC07385.jpg DSC07386.jpg

駅名標は2種類。

DSC07392.jpg
ホームはながーいけど

P9280033.jpg
列車は2両編成。

DSC07395.jpg
東京から中央線に乗って、寝過ごして起きたら
この駅だったらビビるだろうな。と思いつつ
見学完了。
nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

湖畔de軽食 [Z900RSと300km以上]

お昼ちょっと前。
おしゃれな感じで軽食っ!

DSC07510.jpg
DSC07495.jpg
駐車場に到着。
早速、軽食を食べに。

DSC07508.jpg
遊覧船龍宮丸。
今年、12月いっぱいで退役。

DSC07509.jpg
諏訪湖遊覧船乗り場に到着。

DSC07516.jpg
レーズン(に見える)ソフトクリーム
とおやきを購入。

P9280048.jpg
ソフトクリーム拡大。
黒いのはレーズンじゃなくイナゴ。

DSC07519.jpg
おやき。

P9280050.jpg P9280055.jpg

つなぎ無しの素材100%。
おやきもイナゴも若干固いのでちょっとあわない気も。

DSC07515.jpg
それぞれ、単品で購入すると850円だけど
セットなので650円。200円お得。

DSC07525.jpg
いなごセットで、運気もホップ・ステップ・ジャンプ
と急上昇!と思いつつ見学完了。
nice!(29)  コメント(12) 
共通テーマ:バイク

弁慶下駄掛石 [Z900RSと300km以上]

7月下旬、栃木に行った際に立ち寄った場所。

DSC06057.jpg
DSC06056.jpg
駐車場に到着。

DSC06059.jpg
弁慶下駄掛石伝説由来:
鎌倉に向かう義経一行がこの地に差し掛かった所。弁慶が道の
傍らにある大きな石を指して言いました。
「おい、みんな。この石はおれが那須山で修行三昧していたとき
下駄の歯に掛かって、挟まった石よ。取ろうとして軽くひとるふり
したところ、ここまで飛んで来たのよ。」と言うと、義経をはじめ
一同大笑いしました。

うん、ただのホラ話だ!

DSC06060.jpg
義経が通ったらしいので義経街道の石碑。

DSC06061.jpg
弁慶下駄掛石。

DSC06062.jpg
・・・・の隣に弁慶の鉄下駄が!

DSC06066.jpg
触ると活気(多分、脚気)をしなくなるとの事。
鉄下駄を履いたら腰も悪くなくなるとかあれば良かったのに。

DSC06067.jpg
そもそも、弁慶の時代に鉄下駄なんかあったのか
とか、伝説では下駄と一緒に石を飛ばしていない
とか、そんな細かいことは気にせず見学完了。
nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

新町地蔵尊 [Z900RSと300km以上]

7月下旬、栃木に行った際に立ち寄った場所。

DSC06128.jpg
地蔵尊前に到着。

DSC06129.jpg
新町地蔵尊:
造立は享保二年(1717)。仏本来の功徳を願うと同時に
国家安全・領主の子々孫々の繁栄、この地蔵尊をお祭りし
お参りする人々の良縁を願って建てられたものである。

しかし、人々は自分達の身近な現世利益、功徳をこの
地蔵尊に求めた様である。

(身体安全、病気の平癒、長寿や知恵を授かること
経済が豊かになること、そして死後は極楽へ行けること)

このように、人々の様々な願いを一手に引き受けながらも
嫌な顔一つせずほほえみかけるお地蔵様をこれからも大事に
していきたいものである。

image001.jpg
昔は、赤丸のスペースで盆踊りも行われていたとの事。


DANCING HERO ダンシング・ヒーロー





曲はダンシング・ヒーローとかかな?
荻野目さんは印西市の英雄。

DSC06130.jpg
当初の計画からずれた、現世の御利益を願った石碑群。

DSC06133.jpg
お地蔵様。

DSC06132.jpg
荻野目さんみたいに微笑んでくれるお地蔵様。

DSC06135.jpg
他の人からの願い・希望をすべて受け止めて
ロマンティックなシンデレラボーイに
なれるかもと思いつつ見学完了。
nice!(28)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

敷島のキンメイチク [Z900RSと300km以上]

国指定天然記念物。

DSC06685.jpg
マダケの変わりもの「キンメイチク」。
昭和43年春頃、急に開花して枯死寸前
となったが、なんとか復活。

DSC06704.jpg
神社近くの広場に駐車。

DSC06683.jpg
キンメイチクのある本殿の方へ。

DSC06698.jpg
本殿。

DSC06700.jpg
ん?人形っぽいのが祀られている。

DSC06682.jpg
これか!操り人形みたい。
川本喜八郎さんの三国志みたいな感じかな。

DSC06702.jpg
本殿隣の竹やぶへ。

DSC06690.jpg DSC06692.jpg

節がキンピカ~キンメイチク。


かぐや姫 シングル・コレクション(UHQCD)







節から、かくや姫が出てきてもおかしくないかも。

DSC06695.jpg DSC06696.jpg

葉っぱは普通。根にはちょっと
金色が入っている感じ。

DSC06705.jpg
とってもゴージャスな黄金の竹を
堪能し見学完了。
nice!(32)  コメント(9) 
共通テーマ:バイク

防空監視哨跡(聴音壕) [Z900RSと300km以上]

長野原町にある戦争遺跡。

DSC06665.jpg
DSC06664.jpg
国道145号 大津交差点近く。

DSC06680.jpg
向かい側のあぜ道へ。

DSC06666.jpg
あったー。

DSC06670.jpg
防空監視哨跡(聴音壕)。
中には入れない。

DSC06668.jpg
説明:
昭和十六年(1941)第二次世界大戦がはじまり、
国内の防空体制が強化される中、全国に防空
監視哨が作られました。この聴音壕は敵機の
音や種類をいち早く見分けて、本部へ報告
することを仕事としていました。

レンガの二重積みで壕の縁がラッパ状に
なって集音しやすくできています。

勤務は15~16歳の青年が24時間体制で
あたっていました。

zigokumimi.jpg
聞き分ける能力が大事との事なので、きっと
地獄耳なメンバーが配置されていたのかも。

DSC06673.jpg
聴音壕の裏手へ。

DSC06674.jpg
確かに集音には丁度良い構造なのかも。
この中で、B-29、ヘルダイバー
ライトニング、ムスタング等を
聞き分けていたのかも。

DSC06678.jpg
shirarechaikenai.jpg
今でこそ気軽に行ける様になったけど、戦争当時は
「誰も知らない知られちゃいけない」場所だったん
だろうなと思いつつ見学完了。
nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

毛無山 [Z900RSと300km以上]

実は峠だけでなく山もあると言う。

DSC06640.jpg
毛無峠、近くの駐車場へ。

DSC06642.jpg
毛無山は御飯岳おめしだけの途中。

これ、初見だと "ごはんだけ" と読んでしまいそう。

DSC_3909.jpg
ちなみにこれは "おかずだけ"

CA3I0001.jpg

DSC06643.jpg
毛無山へGO。

DSC06645.jpg
小串鉱山リフト。
費用的に撤去はできないだろうな。

DSC06649.jpg DSC06650.jpg

はぁ、はぁ、ハァ、ハア・・・・・・

DSC06653.jpg
登ること12分。
毛無山頂上に到着。

DSC06656.jpg
御飯岳はここからさらに20分。

DSC06655.jpg
こっちの山道は破風岳。
30分-1時間かかるとか。

DSC06662.jpg
いつかは、破風岳や御飯岳も登頂して
みたいなと思いつつ見学完了。

尚、バイクの周りは虻だらけ。
nice!(27)  コメント(9) 
共通テーマ:バイク

木の俣地蔵 [Z900RSと300km以上]

栃木県の奥地、深山ダム近く。

DSC06150.jpg
DSC06137.jpg
駐車場に到着。

DSC06139.jpg
梅雨明け近いけど、あじさい満開。

DSC06145.jpg
木の俣地蔵へ。

DSC06142.jpg
由来:
この本尊は、阿部貞任の守本尊と伝えられる。
戦前は霊験あらたかな子育地蔵として遠く
会津地方まで及んだ。
伝説:
前九年の役に阿部貞任がこの地に陣し、守本尊で
ある地蔵尊を桂の木に置いて戦いにでたため、
源頼義との一戦に敗れたと伝えられる。

DSC06154.jpg
桂の木に到着。

DSC06161.jpg DSC06162.jpg

前九年の役(1051-1062年)から存在した
とすると樹齢約960年。
「まだ、まだ、現役っ!」

DSC06187.jpg
戦の際、根元に忘れていった
守本尊・・・かな?

DSC06184.jpg
この桂の木は上からみると全体的に
綺麗に見えるかも。

DSC06174.jpg
本堂へ。

P7270049.jpg
ご本尊様。

DSC06181.jpg
そしてお賽銭を入れた後、この鐘を
鳴らしてお祈りを。
「腰が完全に治りますように!」

DSC06192.jpg
東北の王、阿部貞任の守本尊
パワーを頂き見学完了。
nice!(30)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

神代杉 [Z900RSと300km以上]

6月上旬、長野に行った際に立ち寄った場所。

DSC05405.jpg
バイクならではの場所に駐車。

DSC05406.jpg
神代杉へ。

DSC05412.jpg
由来:
古い史籍に現れるのは、陽成天皇 元慶二年(878年)に
正六位から従五位下を授けられている(官位を貰っている)。
目通り約十メートル、樹高三十九メートル、樹齢1500年。
長野県巨木調査の第十位。

DSC05410.jpg
で、でかーい。

DSC05413.jpg
落雷か何かで消失したんだろうけど
確かに、昔は三十九メートルの樹高
があったのかも。

DSC05417.jpg
P7200021.jpg
昔はここにエヴァ並みに大きな杉があったとは・・・・

DSC05418.jpg
さすが、樹齢1500年。完全体でなくても
その存在感は凄いな。と思いつつ見学完了。
nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

白馬不動尊 [Z900RSと300km以上]

3月下旬、山梨に行った際に立ち寄った場所。

DSC04598.jpg
DSC04601.jpg
バイクの特性を生かした場所に駐車。

DSC04562.jpg
時期が時期なので、気を付けないと。

DSC04594.jpg
桜も咲いていたり。

DSC04564.jpg
3月だけどスギ林を登ること約7分。
到着。

DSC04575.jpg
本殿かな?

DSC04570.jpg
ご本尊様が・・・・居ない。

DSC04584.jpg
本殿裏手にある不動滝へ。

DSC04576.jpg
デンジャラスな階段!

DSC04579.jpg
た、滝が・・・・・・時期的に
枯れていたのは仕方ないのかも。
滝見学を終えバイクの元へ帰還。

DSC04599.jpg
入口の鳥居近くにあった像。
これがご本尊様だったのかー。
登る必要がなかったのかも。

DSC04603.jpg
由来は無かったし、滝は枯れていたけど
「ご本尊様にお会いできたので良し!」
と思いつつ見学完了。
nice!(35)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

銭岩 [Z900RSと300km以上]

6月上旬、長野に行った際に立ち寄った場所。

DSC05423.jpg
DSC05419.jpg
白樺湖の無料駐車場に駐車。

DSC05420.jpg
銭岩へ。

DSC05421.jpg
はぁはぁはぁはぁ

DSC05435.jpg
げ、原付ッ!

DSC05424.jpg
銭岩に到着。

DSC05432.jpg DSC05427.jpg

苔のむした大きな岩。

DSC05426.jpg
由来:
地元のある人が炭焼きをしようとして
穴を掘った。すると土の中から穴あき銭が

DSC_8731.jpg
ザックザクでてきた。

銭は宋銭でかますに二つもあったそうである。
付近を信玄の棒道が通っていることから
信玄の軍用金の隠し場所がこの周辺に
あったと伝えられる。

DSC05428.jpg
軍資金がここから・・・・・・

P6220018.jpg
信玄の軍資金だからこのぐらいの額なのかも。
BIG当てたい。

DSC05439.jpg
12億円掘り当てたらツーリングの資金は
困らないだろうな!と思いつつ見学完了。
nice!(32)  コメント(5) 
共通テーマ:バイク

矢通反隧道 [Z900RSと300km以上]

6月の上旬、埼玉に行った際に立ち寄った場所。

DSC05233.jpg
矢通反隧道説明:
この付近は山肌に沿った道しかなく、不便なため隧道の
計画を立てたと言われる。

また、この隧道は本来この場所でなく、三千余円不足の
ため計画していた場所より上になってしまい、斜めの
隧道になったと言われる。

DSC05222.jpg
近くの停められる場所に駐車。

DSC05224.jpg
隧道へレッツラゴー。

DSC05225.jpg
到着。しかし、通行止め。

DSC05228.jpg
しかも、こっちからだと手彫り感がないっ。
・・・・・と言うことで峠を走り反対側へ。

DSC05243.jpg
反対側についたでー。

DSC05232.jpg
再び隧道へレッツラゴー。

DSC05234.jpg
もちろん通行止めだけど

DSC05239.jpg DSC05237.jpg

おおー。すごい手彫り感。
まさに芸術。

DSC05242.jpg
トンネルは通れなかったけど手彫りの隧道感
を味わい見学完了。
nice!(27)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

大河原峠 [Z900RSと300km以上]

6月上旬、長野に行った際に立ち寄った場所。

DSC05483.jpg
DSC05481.jpg
駐車場に到着。


想造ガレリア ロボット兵 FULL ACTION Ver. (MECHANICAL CLEAR)&ムスカ FULL ACTION Ver.







約2100m上空からムスカな気分を
味わおうと思ったけど・・・・

DSC05495.jpg DSC05496.jpg
DSC05499.jpg

なんてこったい


【大容量】アリエール 洗濯洗剤 プロフェッショル 業務用 イオンパワージェルサイエンスプラス大容量ボトル3kg









洗剤で洗ったかのような、ありえない真っ白さ。

DSC05492.jpg
ちなみにここは蓼科山頂上への人気コース入口。
(頂上まで 1時間50分ぐらい)

DSC05487.jpg
・・・・・・廃墟な 人気のヒュッテ。

DSC05488.jpg
ここから先、山に入るには
登山届が必要。

DSC05490.jpg
この世とあの世の境界線の看板にも見えたり。

P6080044.jpg
「バルス」な感じになってしまったけど
2000m上空はやっぱり気持ち良いな~
と思いつつ見学完了。
nice!(33)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

福寿院 [Z900RSと300km以上]

三月下旬、山梨に行った際に立ち寄った場所。

DSC04543.jpg
DSC04539.jpg
駐車場に到着。

DSC04540.jpg
来た目的はこれ。
シダレザクラ。

DSC04548.jpg DSC04550.jpg

むぅ、この状態は・・・・・

DSC04551.jpg
madada_madaowarannyo.jpg
まだだ、まだ終わらんよ!

DSC04553.jpg
福寿院の由来:
天平七年(735年) 行基により開かれた
塩山白雲寺(法相宗)の百坊の一つとの事。
その後、白雲寺は天台宗・真言宗と改宗
していったのに合わせて改宗していき
現在に至る。

寺宝、毘沙門天 作者 行基。

DSC04547.jpg
毘沙門天像はあったけど、行基の創った
毘沙門天と似ているかは不明。

DSC04549.jpg
お寺だけどお稲荷さん。
「パンクしませんように!」

DSC04557.jpg
盛りは過ぎたけど、シダレザクラ見られて
良かったな~と思いつつ見学完了。
nice!(35)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

上谷の大クス [Z900RSと300km以上]

6月上旬、埼玉に行った際に立ち寄った場所。

DSC05375.jpg
DSC05374.jpg
駐車場へ。

P6010076.jpg
停め易そうだけど実際はこんな場所。

DSC05376.jpg
はぁはぁはぁ・・・・

DSC05380.jpg
到着ッ!

DSC05384.jpg
上谷の大クス:
埼玉県指定天然記念物。
全国巨木ランキング第十六位。
暖かい西日本で多く見られるクスノキが
関東の山間部で大木に成長するのは
珍しいとの事。


アルティメットルミナス東映クラシック ジャイアントロボ







大きさはジャイアントロボと同じぐらい。


DSC05393.jpg
大クス様のご本尊。
「パンクしませんように!」

DSC05388.jpg DSC05390.jpg
DSC05385.jpg

しかし、デカいなー。

DSC05043.jpg
GWの時に行った、徳島の加茂の大楠とはまた
違った大きさを感じたり。

DSC05403.jpg
埼玉県自体は(面積が)小さいけど、クスノキは
大迫力っ!と思いつつ見学完了。
nice!(32)  コメント(10) 
共通テーマ:バイク

貞祥寺 [Z900RSと300km以上]

佐久市にある曹洞宗のお寺。

DSC05521.jpg
DSC05501.jpg
駐車場に到着。

DSC05509.jpg
梅雨の時期にふさわしく
コケティッシュな感じ。

DSC05518.jpg
山門。シ、シブイ。

DSC05525.jpg
ちょっと若々しい仁王様。

DSC05526.jpg
本堂

DSC05533.jpg
と、さらに近くにあった(人間魚雷)回天。

DSC05535.jpg
回天:
回天の創始者、仁科少佐が佐久出身。
回天の偉業を伝えると共に、英霊の霊安からん
ことを祈念し「回天之碑」これを建つ。

DSC05537.jpg
この模型は実物の1/3である。

本堂裏手へ・・・・・

DSC05544.jpg
今回の目的、三重塔。

DSC05545.jpg P6080054.jpg

すばらしい。

DSC05553.jpg DSC05556.jpg

彫り物もかなり立派。

DSC05561.jpg
新緑に包まれた三重塔も趣があるな~
と思いつつ見学完了。
nice!(34)  コメント(9) 
共通テーマ:バイク

兜巾の岩 [Z900RSと300km以上]

とっても高い場所にある岩。

DSC05442.jpg
DSC05440.jpg
駐車スペースに到着。
早速、岩へ。

DSC05445.jpg
顕彰碑を超えると

DSC05446.jpg
岩っ!

DSC05450.jpg
もちろん登る。

DSC05477.jpg
岩の頂上に到着。

DSC05457.jpg
お宮の隣へ。

DSC05458.jpg DSC05460.jpg

360°遮るものは何もなし。

DSC05462.jpg
一歩踏み間違えたら・・・・
この日は風が強くちょっとビビったり。

DSC05466.jpg DSC05467.jpg

三角点はお宮の方ではなく別の所に。

dorago.jpg
ドラゴ!

DSC05478.jpg
天空から下界を見下ろすとムスカな気分に
なるな~と思いつつ見学完了。
nice!(30)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク
前の20件 | - Z900RSと300km以上 ブログトップ